j活!

元女性自衛官が老後の安心のために節約と浪費を記録するブログ。子育てと介護のダブルケア中。インデックス投資女子。

転勤族はインターネットの契約こそ慎重に

calendar

reload

こんにちは。自衛官の妻のリクママです。

スポンサーリンク

wimaxより固定回線

スマホが普及してWi-Fiを使うためにインターネットの固定回線を利用されている方も多いと思います。私は営内にいたころからエッジ(懐かしい・・)wimaxのヘビーユーザーでしたが、結婚してから憧れの固定回線を契約しました。

固定回線の安心感は何にも代えられません。天気が悪くても安定してます。動画もどんどんみれますし、通信料や通信制限とかもないのでストレスフリーです。IP電話も使えますよね。固定回線の番号がないと恥ずかしいという夫のためにも(こじつけ)我が家は固定回線推しです。

大体どの官舎も前居住者が開通工事をしてくれているので契約すれば工事費もかからず使えちゃうお手軽さです。

固定回線の解約には違約金がついてまわる

安心、便利な固定回線ですが転勤族の最大のストレスになるであろう、契約違約金があります。

家電量販店で「フレッツ光ご契約で●万円オフ」やインターネットのサイトで「フレッツ光ご契約で●万円キャッシュバック」なんて言葉につられて契約してしまっていたら痛い目をみるかもしれません。

限定キャンペーンには、違約金が設定されています。キャンペーン特典をお受け取りいただき、最低利用期間中にコース変更、または、○○○○を退会された場合は、継続利用期間にかかわらず20,000円(不課税)の違約金が必要となります。なお、最低利用期間は、ご利用開始日から24か月後の月の末日までとなります

契約書にこんなこと書いてありませんか?いわゆる縛りというやつです。キャッシュバックが沢山もらえてラッキーなんて思っていると思わぬところで出費が生じるかもしれません。

フレッツ光東日本⇔西日本

東日本管内で異動するぶんには何ら問題ありません。解約せずに移転手続きをとればOKです。移転手続きをとれば、工事の手数料を半額にしてもらえますのでコールセンターに引越し手続きをする旨をお伝えくださいね。

さて、問題は東日本から西日本に異動する場合です。この場合、移転料は発生しません。社名は似ていますが全く違う会社なので互換性がありません。すべて解約して、新たに契約する必要があります。

フレッツ光にねん割 違約金1500円

そんな大きい割引ではないのですが、割引してくれるならと思って入っていました。違約金は1500円だそうです。ただ、この違約金を払わなくていい方法があります。転出届をコールセンターに解約日前日までにFAXすることで回避することができます。

西日本に転居して東日本の回線が使えなくなることはお客様の責任ではなく、私どもの責任です。

コールセンターのお姉さんにそう伝えられて、そりゃもっともだと思いながら少し感動しました。(それでブログまで書いてます)

次の異動のことを考えて契約する

次の転居とは、今回の異動先ではなく次の異動先のことです。といっても自衛官は全国異動ですから先が見えないのがネックですよね。1年半~2年で異動するものと考えて違約金と販促金と通常料金を照らし合わせ最もお得なところを契約する必要があると思います。販促金(キャッシュバック)が高ければ高いだけ縛りが長いことが多いですよ。違約金を払う事になったとしても、販促金で相殺することができればOKだと思います。できれば余剰は懐にしまいたいところですが・・・

 

 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA