j活!

元女性自衛官が老後の安心のために節約と浪費を記録するブログ。子育てと介護のダブルケア中。インデックス投資女子。

広域異動手当。ポイントは60キロ以上です

calendar

reload

こんにちは。自衛官の妻のリクママです。
今日は異動と切っても切れない仲の広域異動手当についてお話しします。

スポンサーリンク

広域異動手当とは

趣旨

俸給水準を民間賃金の低い地域の水準を考慮して引き下げたが、広域的に転勤のある民間企業の賃金水準は地域の平均的な民間企業の賃金水準よりも高いことを考慮し、広域異動の円滑化を図るため広域異動を行う職員の給与水準を調整する。

訳:毎月の給料の基準額を、一般企業を基準にして引き下げたんだけど、全国を転勤しなきゃいけないような企業の給料って一般企業の平均よりも高いから、そこんとこは手当をつけて同じくらいにしますよ

特性

民間賃金水準に合わせて給与水準の調整を行う手当であることから、地域手当と同様に諸手当(超過勤務手当、期末・勤勉手当等)の算定基礎とする
訳:ボーナスとか超過勤務の計算にも影響するよ

支給対象

支給対象職員

官署を異にする異動を行った職員のうち、移動前後の官署間の距離及び異動直前の住居から異動直後の官署の距離がいずれも60キロ以上になる職員(転居は支給要件に該当しない)ただし、職員が研修(6か月以内の期間を定めて行うもの)に伴い元の官署に戻ることが明らかである異動を行う職員等には支給しない。
訳:職場の異動があった場合、家と職場の両方が60キロ以上離れていたらOK。職場は変わってないのに、引越して60キロ以上離れちゃったって場合はアウト。6か月以内の教育入校で異動するけど、また同じとこに戻るのはアウト。

権衡職員(けんこう職員)

移動前後の官署の間の距離は60キロ以上であるが、住居と官署間の距離が60キロ未満となるもので通勤時間が2時間以上である隊員
訳:異動して前の職場と60キロ以上離れたけど、家が60キロ未満で更に通勤が2時間以上かかるんだったら支給するよ。でも1時間だったら支給しないよ。

支給額(円未満切捨)

(俸給+扶養手当+管理職手当+営外手当)×支給割合とし、異動の日から原則3年間支給
60キロ以上300キロ未満・・・3%   5%
300キロ以上      ・・・6%  10%
(28年度に支給率が変更しました)

いろんなパターン

支給期間が異動日から3年間ということもあり、再異動もありますよね。

パターン1

Q:当初300キロ未満の異動での手当だったが、2年後に300キロ以上の異動になった場合はどうなるか。
A:再異動後10%つきます。

パターン2

Q:当初300キロ以上の異動で10の手当だったが、2年後に300キロ未満の異動になった場合はどうなるか。
A:再異動後も1年間10%の手当がつきます。その後5%の手当が3年間つきます.

 

パターン3

Q:当初300キロ以上の異動で10%ついていたが、2年後に60キロ未満の異動があった場合はどうなるか。
A:10%を3年支給し、以後支給なし

パターン4

Q:当初300キロ以上の異動で10%ついていたが、2年後に市ヶ谷に異動し20%の地域手当がついた。合算して26%もらえるか。
A:もらえません。多いほうの手当が優先されます。

まとめ

今回はザックリした訳を入れてみました。堅苦しい文章を読むのが嫌な方は訳のほうがわかりやすいかもしれません。
広域異動手当は手取額に直接かかわってくるので該当する方はぜひ計算してみてくださいね。

また、広域異動手当や地域手当がついているということを忘れて、家のローンを組んでしまうと再異動後大変なことになりかねないのでお気を付けください。

読んでいただきありがとうございました♪

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016 j活! リクママ

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA